稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

ラグビー部の部員不足について

ラグビー

ラグビー部の部員不足について
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

部員不足の現状

ラグビー部の部員不足で悩んでいる高校、大学も数多い。高校の場合は、同じく部員不足で悩む他校と組み、「合同チーム」を作って、試合に出場している。但し、例え、花園予選で、優勝しても、全国大会には出場出来ないことなっている。一方、大学では、15人の部員が確保出来ない時は、「セブンズ」と呼ばれる、「7人制ラグビー」に移行するケースも散見される。

なぜ、高校ラグビー部に部員が集まらないのか?

私は、こう考えている。小学生を中心として、全国各地で、少年ラグビースクールは、盛んである。追いかけごっこの感じで、気軽に参加されるのだろう。小学校を卒業すると、当然、中学校へ進学する訳だが、「ラグビー部」が存在する中学校が、非常に少ない。ラグビースクールで、練習していた小学校6年生は、そこで、進路に悩む。優秀な選手も、他の部活(野球、サッカー等々)に入部するケースが多い。そして、そのまま、高校に進学して、野球部、サッカー部に流れていくのだと思う。決して、ラグビーに戻ろうとする生徒は少ない。一番の原因は、

     中学校に、「ラグビー部」が無い!ということである。

どうして、中学校に、ラグビー部を作らないのだろうか?

ラグビーは危険なスポーツだから、怪我でもされたら、大変だという考えが、教職員の方々の心の中にあるのではないだろうか。あるいは、ラグビーを教える教職員の数が少ないからだろう。

現在のラグビー界の状況は、少年ラグビースクールは盛んだが、中学校で、多数、脱落して、そのまま、高校へと引き継がれていくという、非常にいびつな構造になっている。

これは、大いに、憂うべき問題である。

7人制ラグビーとは?

7人制ラグビー(しちにんせいラグビー、英: Rugby sevens)は1チームあたり7人の選手で、より短時間で行われるラグビーユニオン(15人制)の変種である。セブンズ(Sevens)ともいう。セブンズはラグビーユニオンの国際競技団体であるワールドラグビーによって管轄されている。セブンズはスコットランドのメルローズ発祥であり、現在も毎年メルローズセブンズ大会が開催されている。セブンズは全てのレベルで人気があり、一般的に毎年夏にアマチュアならびにクラブの大会が開催されている。セブンズは最もよく普及したラグビー形式の1つであり、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、アメリカ州、そして特に南太平洋諸国で人気がある[2]。
著名な国際大会としては、ワールドラグビーセブンズシリーズとラグビーワールドカップセブンズがある。セブンズはコモンウェルスゲームズ(1998年大会から)といった一部のスポーツ大会でもプレーされている。コモンウェルスゲームズでは2010年までニュージーランドが金メダルを獲得していたが、2014年大会は南アフリカが金メダルを手にした。
セブンズは現在オリンピックスポーツとして認められ、2016年夏季オリンピックから正式種目として採用された。

出典 http://ja.wikipedia.org

ラグビー セブンスでの凄技プレイトップ5

東日本大学セブンズ 早稲田大学対帝京大学

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!